MENU

フランス流クリスマスの過ごし方はどんな感じ?

2021年1月9日
桝本麻未 (フランス)

フランスのクリスマスランチ・ディナーは何時間続く?

あっという間に年が明けてしまいましたが、皆さんはどんな年末年始を過ごされましたか?2020年は多くの方にとって色々な変化があった一年ではないかと思います。

私はというと、去年フランスで初めてクリスマスを過ごしたので家族団欒のフランス流クリスマスの過ごし方を紹介したいと思います。

フランスでは24日、25日のどちらかで、家族揃ってクリスマスランチorディナーをします。

コロナ禍で正直集まれるのか不安でしたが、政府がクリスマスの日だけ門限を解消したので夫の家族に混じり、無事クリスマスを一緒に過ごせることになりました。

フランスでは食事の時間が長いことはよく知られていますが、なんと今回参加したクリスマスランチは6時間くらい続きました笑

まずはアペロという食前におつまみとお酒を楽しむ時間があり、そこでみんなとCatch upをします。

そのあと食事スタート。スタートと言ってもフランスではコース料理のようにアピタイザーから順番に食べるので、一皿ずつ毎回義母さんがキッチンとテーブルを行き来してサーブしてくださいました。

 

メインはチキンやレアなお肉、デザートはやっぱりブッシュ・ド・ノエル

アピタイザー、メイン、チーズ、デザート、食後のコーヒーor紅茶のフルコースで夕方の6時頃までみんなでゆっくり食べながらのクリスマスでした。

メイン料理には家族や出身地によっても異なるようですが、チキンを食べることが多いようです。ただ私がいただいたのはなんとダチョウのお肉でした!

夫の家族では普段よく食べるような鶏肉や牛肉ではなく、クリスマスには珍しいお肉を食べるようで、私はもちろん初体験。

変わったお肉を食べるのは10年以上前に訪れたオーストラリア旅行以来。正直口に運ぶまでドキドキでしたが、食感は牛肉と鶏肉の間くらいの柔らかさで臭みも特になく食べやすかったです。

そしてクリスマスデザートといえば、日本でも定番のブッシュ・ド・ノエル。

丸太を意味するブッシュという形のケーキを食べるのがフランスでも一番人気のようでスーパーやベーカリーに行くとどこにでも手に入るデザートです。

 

プレゼント交換も大事なイベント

クリスマスにプレゼント交換はマストですよね。フランスでも12月に入ると町中がクリスマスイルミネーションで煌めき、ギリギリまでみんなプレゼント探しで大忙し。

みんなクリスマスギフトを当日までにツリーの下に飾り、食事の間やアペロの時に交換するようです。私たちはデザートの前に休憩を挟んでプレゼント交換をしました!

やはりプレゼント交換はいくつになっても嬉しいし、自分のために選んでくれたという思いが伝わってきてさらにハッピーな気持ちになれますよね。

プレゼント交換で締めくくったフランスでの初クリスマスでしたが、日本でいうとお正月の祝い方に近いなと思いました。

親戚が集まったり、家族団欒で過ごすのがクリスマスなので、いっぱい食べて、話して、飲んで、一日かけて楽しめたイベントでした!

世界ウーマンの皆さん、読者の皆さん、今年もどうぞよろしくお願いします!そして何より、皆さんにとって今年は好きな時に好きな人と集まれる一年になりますように。

Written by 桝本麻未(フランス)

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ