MENU

健康・ひらめき・情報発信、いいことだらけの散歩のすすめ

2021年3月8日
伊藤結子 (イギリス)

「気」を整える散歩

3月に入り、ロンドンでは日の出の時間が早くなり、鳥のさえずりで目が覚めるようになってきました。

冬には日照時間が8時間位になってしまいますが、これから夏に向けて活動できる時間が増えてきます。自然と気分が上向きになっているのを感じております。

日課となっている散歩をしていると、いつもの道でもハッとさせられることが沢山あります。

この前まで蕾だった水仙が、今朝は一斉に花ひらき、一面の黄色い絨毯になっていました。蕾が膨らんで花開く瞬間のエネルギーに触れるといつも感動させられます。

東洋医学に「気・血・水」という考え方があります。

身体の中には「気(目に見えない生命エネルギー)と血(血液と血液が運ぶ栄養素のこと)と水(細胞や血液中の水分、リンパ液、涙、唾液、汗など体液にあたるもの)が常に巡っており、それにより健康を保っているといいます。

緊急事態宣言やロックダウンなどで家の中の滞在時間が多くなり、同じ場所、同じ姿勢で運動不足になっている方もいるかもしれません。

また、冬から春にかけて季節の変化に伴って「気」は滞りやすくなると言われています。上半身と下半身でも「気」のバランスに偏りが出てきます。

鬱々としてきていたら、それは「気」のバランスが崩れているかもしれません。

私は簡単に「気」を整える方法として朝の散歩をしています。新鮮な空気を吸い込みながら大地に足をつけて両足を動かす。これだけで「気」は整います。

 

ひらめきがほしいときも散歩!

何かを創り上げなければならない時、考え続けて煮詰まっている時、これでもかと考え続けても答えが導き出せず悶々とし続けていたのに、ふと閃きが降りてくる時がありませんか?

それは私にとっては散歩をしている瞬間でもあります。

いつもとは違う脇道をあえて通ってみるのも刺激的です。キョロキョロしてみたり、綺麗な花を見つけたら携帯カメラで写真に収めてみたりしています。

考え続けて飽和状態になった脳みそが、散歩という流れを取り入れることによって動きはじめてすごい発想に繋がる!

頭の上の方から、ワクワクと共にポンッと閃きが降りてきた時のアイデアはなぜかいつも成功するのです。そんな閃きが欲しくて、私はついつい散歩してしまいます。

散歩中に歩く瞑想をすることもあります。

今流行りのマインドフルネス「今、ここ」を意識する瞑想方法を、じっとしてやるのではなくあえて動きながらやっています。

「マインドフルネスはついつい雑念が入ってしまい難しい」とおっしゃる方が多いと思うのですが、気持ち良い空気の中、大地を感じながら、動きを取り入れながらやってみると、「今、ここ」に集中しやすくなるのでおすすめです。

コツを掴めば、簡単に歩きながら瞑想状態に入れるようになります。

 

散歩を配信してみたことによって広がった交流や可能性

今年の初め、散歩している時にふとやってみたくなって、Facebookのライブ機能を使ってロンドンの街並みを配信してみました。

パン屋さんにガレットデロワを買いに行く、普段の生活の様子を独り言を呟きながら中継しました。

そのライブを見ていた友人たちにとても喜んでいただき、コメントを沢山頂いて嬉しくなってしまいました。私にとっては普通の道、取るに足らないことでも、誰かの役に立てるのか!と気が付いた瞬間でした。

Facebookライブ配信が面白いと思った私は、Facebook上で公開グループを作り、私だけでなくいろいろな国の方が普段の散歩を配信できるような場を作ってみました。

グループ作成から1ヶ月余り経ちましたが、この1ヶ月で25カ国以上、180名の方に仲間になっていただきました。今このグループでは、1日にお一人かお二人のペースで世界や日本各地からのお散歩中継が届けられています。

素晴らしい旅番組は数あれど、本当に見てみたいのはその街を暮らすように切り取った場面なのかもしれません。

ロックダウン中に旅行に行けなくて残念に思っていた気持ちを、画面越しに解消しています。そして、自分も誰かの「ロンドンに行きたくても行けない気持ち」を少し解消できているのかなと思ったりしています。

死ぬ前に一度は行ってみたいと思っていたカッパドキアからのお散歩中継を投稿してくださった方があり、画面に食いつくように見てしまいました。

パリからのお散歩や、日本の神戸の夜景など、印象に残っている散歩の投稿が沢山あります。

 

日本のリアルタイムの景色は懐かしくてたまらない

海外に住んでいる日本人からみると、故郷の日本のリアルタイムの景色は懐かしくてたまらないものでもあります。

海外の人が多くて日本からの投稿がしにくいと言われたこともあるのですが、誰かの散歩は必ず誰かに役立っています。

ご先祖さまのルーツを辿る旅を誰かの代わりに散歩して配信するとか、病気で怪我で叶わない誰かが見たい景色を届けることができるということは、この配信グループの可能性だと思っています。

日本の棚田を守りたい、棚田くんという方が、何度か散歩を配信してくださったことがありました。

棚田くんのクラウドファウンディングの助けになったり、どこかの地域活性化のお手伝いになったらいいなと考えたりしています。

私たちの散歩配信グループのメンバーは、私を含めて殆どが素人ばかり。

最初はマイクが入っていなかったり、画面が揺れすぎたり、風の音でほとんど声が聞こえなかったりと、さまざまなハプニングが発生しました。

ライブ配信機能を使えるようになるということだけでも、「新しいことが一つできるようになる」なんだかワクワクすることでした。

散歩配信する際にはやはり少しはお話もしないといけないと思いますが、わたしは上手に話をすることがあまり得意ではありませんでした。

もちろん素人配信なので、自分の味が出ているからいいと思うのですが、この散歩配信をするようになって、少しずつ自分の考えをうまくまとめて言えるように心がけています。

そんな新しいチャレンジもとても楽しいです。この散歩配信を通してそれぞれがそれぞれの技術を向上する機会になればと願っています。

Facebook公開グループで誰でも参加できますので、ご興味があればぜひ覗いてみてください。

【めざせ100カ国!】世界の街からお散歩
https://www.facebook.com/groups/861653888000679

Written by 伊藤結子(イギリス)

この投稿をシェアする

ヨーロッパ
北アメリカ
南アメリカ
アジア
アフリカ
オセアニア
イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ