MENU

バンクーバーから車で1時間の穴場的アウトドア天国スコーミッシュ

2021年3月5日
矢寺愛 (カナダ)

アウトドアが手軽にそして本格的に楽しめる街

皆さんこんにちは。Living Like a LocalのAiです。

キラキラとした都会が大好きで、スニーカーで街を歩いた事がなかった私が、カナダに移住して5年目の今、アクティブにカナダの自然を満喫中です。

今回ご紹介するのは、アウトドアが手軽にそして本格的に楽しめる一番のお気に入りの場所、Squamish(スコーミッシュ)。

私が住むバンクーバーから、北米No.1のスキーリゾートであるウィスラー方向へ、車で北に約1時間走らせた場所に位置します。

洗練された空気の漂うバンクーバーと、大自然を満喫できるウィスラーの丁度中間地点に、スコーミッシュの街並みは広がっています。

なんと言っても私がお勧めするのは、バンクーバーからスコーミッシュまでのドライブ。

ネーミングもお洒落な、Sea to sky highway(シー・トゥ・スカイ・ハイウェイ)と呼ばれる太平洋の湾岸線を走る高速道路は、海から空に突き抜けるような絶景が広がっており、20年以上のドライブ歴の中でベスト1に輝くドライブコースとしてお気に入りです。

スコーミッシュは、バンクーバーとウィスラーという大都市に挟まれていることで、あまり観光客に知られることがなく、どことなく素朴でローカルが主役。

しかし、実は、素通りしてしまうのには勿体ない!海と山を楽しめるアウトドアの宝庫の場所なんです。

 

世界のロッククライミングの聖地!

思わず見上げてしまう!そびえ立つ岩山Stawamus Chief(スタワマスチーフ)

ここには素晴らしい景観や体験が溢れています。

スコーミッシュを訪れると、湾岸線からいきなりそびえ立つ、巨大な岩山に誰もが驚かされます。

ほぼ垂直に切り取られたような断崖絶壁は、あまりにも巨大かつ威容で恐ろしいほど。岩に小さな蟻たちが張り付くように登るクライマーの姿も、しばしば目にします。

世界で2番目に大きい一枚岩として知られており、ロッククライマーの聖地として、世界中からクライマーが訪れます。

断崖絶壁のStawamus Chief(スタワマスチーフ)は、山頂までハイキングコースがあり、台状部に連なるファースト・ピーク(サウス・ピーク)、セカンド・ピーク(センター・ピーク)、サード・ピーク(ノース・ピーク)と3つの山頂を目指す事ができます。

急斜面の階段や岩場をひたすら上り続ける為、永遠に続く階段を目の前に、心が折れそうになりますが、しばらくすると、梯子を上ったり、鎖場があったりと、刺激的でスリリングになってきます。気分も高揚し、テンションが上がってきます。

いよいよ山頂近くになると、スコーミッシュの街並みと海が広がる広大な絶景が飛び込んできます。その感動といったら、棒になっていた足が躍るようにはしゃぎだし、疲れが吹っ飛びます。

足を滑らすと、絶壁から真っ逆さまに落ちてしまうので、皆さんは心を落ち着かせてくださいね。

3つの山頂を制覇すると、往復6時間ぐらいかかるでしょうか。アウトドア初心者の私にとっては、大きな挑戦を成し遂げたことに、非常に深い満足感と達成感を覚えました。

 

穴場的アウトドア天国「移住したい街」として人気急上昇

スコーミッシュにはハイキングの他にも、カヌー、カヤック、ウィンド&カイトサーフィン、ラフティング、フィッシング・・・とアウトドア体験の種類は大変豊富です。

その数あるアウトドアスポーツの中でも、とりわけ人気が高いのは、マウンテンバイクです。

一帯には初心者向けから上級者向けまでたくさんのトレイルがあり、世界的に注目されるほどの規模になっています。

マウンテンバイク文化がこれほど凝縮された地域は世界的にも珍しく、マウンテンバイカーなら誰でも一度は移住してマウンテンバイクを満喫したいと思う地域だとか。

しかしこのトレイルが商業目的で作られていない点が、スコーミッシュらしいところ。25年ほど前から、地元のファンによる非営利団体SORCAというボランティアによって、トレイルが造られたそうです。

観光地化することなく、彼らは自分たちが楽しめるトレイルを造りたい、という純粋な目的で地権者と交渉し、愛するスコーミッシュの自然環境を守り、数々のトレイルコースを増設されています。

その姿勢そのものが、素朴でローカルが主役と呼ばれるのも頷けます。

近年ではスタワマスチーフのすぐ背後にそびえる山にゴンドラで一気に上り、ハウ海峡の絶景を眺めるとができるアトラクション「シー・トゥ・スカイ・ゴンドラ」の登場により、観光客も増えてきています。

ブルワリーの大人気店BackcountryBrewing

しかし、これまでの穴場的アウトドア天国という状態は、今のところは大きな変化はありません。

この恵まれた環境に惹かれて他所から移り住む人も多く、人口は急増中で、不動産の価格も上昇しています。

大都市に近く、自然豊かで、生活するには理想的。アウトドアを存分に楽しみながら子育てができる世代にとっても、大変魅力的なライフスタイルとして注目を浴びています。

ブルワリーの大人気店、BackcountryBrewingは、いつ訪れても若者で大変な賑わいをみせています。

将来、スコーミッシュにはスキーリゾート建設の計画もあるといわれているとか。今後のスコーミッシュの街並みの変化が益々楽しみです。

【BackcountryBrewing】
https://www.backcountrybrewing.com/

Written by 矢寺愛(カナダ)

この投稿をシェアする

ヨーロッパ
北アメリカ
南アメリカ
アジア
アフリカ
オセアニア
イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ