MENU

サウジアラビアの冬と言えば、ムーンマウンテンで砂漠キャンプ!?

2021年1月23日
ミッチェル真理 (サウジアラビア)

コロナでアウトドアのアクティビティーが人気のサウジアラビア

皆さん、サナ・サイーダ(アラビア語でハッピーニューイヤー)。明けまして、おめでとうございます。サウジアラビア在住のマリです。

ついに2021年になりましたね。皆さんは、どんな年越しを過ごしたでしょうか?

私は久しぶりに、サウジアラビアで年越しをしました。

サウジアラビアは11月頃から気温がちょっとずつ低くなり、12月の後半から1月あたりは最高気温が20度〜25度くらい、サウジ人みんなが大好きな涼しい時期です。

私の住んでいるジェッダは海の隣なので、海風が強くなり、少し肌寒く、私も大好きな時期です。

サウジ人は寒い冬を感じることが好きで、この時期に寒い所、例えば雪がよく降る国や地域へ旅行に行きます。

ですが、2020年はコロナの影響で旅行をすることが困難になりました。

冬休みシーズンは国際線が閉じられ、旅行を断念することになった人も多かったです。

そんな中、サウジアラビアではアウトドアのアクティビティーが人気になっています。ピクニックやハイキング、そしてキャンピングを楽しむことができます。

 

砂漠でのキャンピングに初挑戦

私もお友達家族と、砂漠でのキャンピングに挑戦してみました。

私たちの行き先はムーンマウンテンと言われる場所で、ジェッダから北東にあり、車で1時間ほど。キャンプ場の施設があるわけではなく、砂漠に岩の山がたくさん広がる自然な広場です。

お友達家族と分担し、自分たちでキャンピングテントや懐中電灯、そして、BBQセットなど準備して持って行きました。

ムーンマウンテンは電波がつながりにくいので、あらかじめスマホにマップをダウンロード、さらにお友達5家族5台の車がはぐれないように列になり、目的地まで向かいました。

ムーンマウンテンに到着したら、早速みんなでハイキングを開始。

足の踏み場に気をつけながら、岩を上ったり下ったり、ロッククライミングのようでした。何も施されてない自然な場所なので、時に岩がぐらぐらしたり、石が壊れたりという事もありました。

ハイキングをして2時間後、日が暮れていく瞬間を眺めることができました。岩の向こうに見える夕焼けは空に光り輝き、とても綺麗でした。

 

大自然の中でキャンプファイヤー

自然の場所なので、暗くなる前に灯りを点さないと真っ暗になります。私たちは日が暮れる様子を後にし、車の場所へ歩きました。

その途中、少し前にいるお友達が「Hey!」と言いながら、私達の右側を指していました。彼が指している方を見ると、5メートルほど先に3匹の野良犬を発見!こちらの様子を見ていました。

サウジアラビアの砂漠には野良犬が多く、ほとんどがコヨーテのような容姿をしています。襲って来る可能性もあるので、少し危険です。

野良犬を発見した私達は、車の方に早歩きで向かいました。野良犬を退治できるように、光を強く放つ懐中電灯を持っていましたが、それを使う必要はなく、野良犬は私たちから反対の方向へ去って行きました。

車の場所へ戻り、男性陣はBBQとキャンプファイヤーの火起こしを、子供達は石と木を集め、火起こしのお手伝いを、女性陣はテントを広げたり、みんなで座れる場所を確保しました。

夕飯はBBQと持ち寄ったご飯を食べ、その後は子供たちと一緒にキャンプファイヤーでスモアーも作りました。

スモアーとはアメリカやカナダのキャンプファイヤーで人気のデザート。焼いたマシュマロとチョコレートを2枚のグラハムクラッカーで挟んで作ります。

当たりが暗くなった頃、トイレに行きたくなりました。もちろんトイレなどないので、少しだけ離れ、岩の後ろに隠れて済ませました。

みんなで寝ながら夜空の星を眺め、ギターで歌を歌ったり、怖い話をしたり、ダンスをしたり、ムーンマウンテンで、自然の贅沢なひとときを楽しく過ごしました。

Written by ミッチェル真理(サウジアラビア)

この投稿をシェアする

ヨーロッパ
北アメリカ
南アメリカ
アジア
アフリカ
オセアニア
イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ