MENU

ハワイあるある?!ハワイに住むようになって身についた5つの生活習慣

2020年9月19日
研谷美月

日本の時とすっかり変わった外出時の習慣

住む場所が変わると、必然的に生活習慣も変わっていきます。

ハワイで暮らし始めて、丸々4年が経ちました。日本での生活を振り返りつつ、ハワイで新たに身についた習慣に目を向けてみました。

1. マイボトルを持ち歩く

日本のように、至る所でコンビニや自動販売機があるわけではありません。なのでほとんどみなさんマイボトルを持ち歩いています。学校にも給水できる場所があったり、スターバックスなどでもお水をもらえます。

2. すっぴん、ラフな服装で外出

日本で暮らしているときはメイクをせず、身なりをきちんとせず外を出歩くことはほぼありませんでしたが、ほとんどすっぴんになりました。

外を出歩く時もタンクトップ、ビーチの近くだと水着で出歩いている人も多いです。逆に綺麗な格好をしていると「今日はどこに出かけるの?」と聞かれてしまうほど。

エクササイズする時などを除いて、ほとんど靴やヒールも履かない。スリッパ生活です!

もはや裸足で歩いている人も。よくこの暑さで裸足で歩けるなと逆に感心してしまいます。

3. 移動手段はほとんど車

ハワイの公共交通機関といえばバス。しかしバスを利用するのは学生や低所得者層など。ホームレスの方も利用していたりするのでなかなか興味深い乗車になるのと、安全性は低いです。

現在オアフ島ではモノレールが建設中ですが、果たしていつ出来上がるのやら。

ハワイの渋滞はアメリカの中でもカリフォルニアと並んでかなりひどい方。なので出勤時間や学校への送り迎えの時間を避けたり、混む場所を把握することがストレスなく車を運転するコツです。

どうしても渋滞を避けられないときはいかにその時間を有効活用するかも大切。私はポッドキャストを聞く時間にあてています。

私も海外で活躍する看護師さんにスポットをあてたポッドキャストを配信中!良かったら聞いてみて下さい。

 

どこでもかしこでも「スモールトーク」が始まるハワイ

4. エクササイズをたくさんするようになった

健康に気を遣っている人が多いのか、エクササイズを日常的にしている人が多いハワイ。街でも走っている人や自転車に乗っている人、筋トレしている人を至る所で見かけます。

私も週に4回ほどは欠かさずエクササイズを。それぞれの好みにももちろんよりますが、遊びに行くとなると大体、ハイキングやウォーターアクテビティなど体を動かすものをするようになりました。

山や海へアクセスしやすいという土地柄もあるかもしれません。

現在はロックダウン中でハイキングトレイルを使用できなくなったり、ビーチで寛ぐことも難しい状態ですが、それ以外のアクテビティを楽しんでいる人をよく目にします。

心なしか、ウォーキングやランニングをしている人も増えました。

5. 見知らぬ人でも会話をする

どこでもかしこでも「スモールトーク」が始まるハワイ。ガスステーション、スーパーマーケット、エレベーターの中、犬の散歩中などなど。

ハワイで変わったことは見知らぬ人でもアイコンタクトして微笑む、「Hi」と挨拶をします。(よっぽど怪しそうな人にはしませんが!)

このスモールトークから日常会話を鍛えられたといっても過言ではないかもしれません。

ハワイで住みながら、もちろん変わらない習慣もあります。でもその土地でしか出来ないような暮らし方もあるような気がします。

Written by 研谷美月(アメリカ)

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ