MENU

王室御用達の厳選ジョホールバルグルメ、高級寿司店「SUSHI SHIN 心」

2020年6月22日
土屋芳子

6月10日より国内旅行やほとんどの活動が再開したマレーシア

マレーシアでは、3月18日から続いた厳しい行動制限令は6月9日で終わり、6月10日から8月31日には、回復行動制限令(RMCO)が導入となりました。

まだ国境は封鎖されたままですが、マレーシア国内旅行やほとんどの活動が許可されます。

店に入るときには検温と名前と電話番号の登録が必須、消毒液の設置、席数を絞ってソーシャルディスタンスを保つ、という条件を守った飲食店では、店内での食事もできるようになりました。

3か月にわたる行動制限令の最中、どの飲食店もスピーディーに対応し、デリバリーサービスやオンラインオーダーがスムーズにできるようになってきました。

それでも固定費に圧迫され、閉店に追い込まれる店も多く、営業ができていても、未だ客足は70%に満たない店がほとんどです。

応援する意味でも、これから、マレーシア内の食事情もお伝えしていきたいと思います。ローカルフードに限らず、厳選したお店の情報をお伝えします!

 

2020年2月にオープンした連日満席の高級寿司店

今日ご紹介するお店「SUSHI SHIN心」は、2020年2月にオープンして以来、連日満席が続いている店。

カウンター席とテーブル4卓しかない小さなお店ですが、ジョホールバルの飲食業界と食通の間に旋風が吹き荒れたと言えるくらい。

おまかせコースのみを提供する寿司フュージョンレストランですが、オーナーも料理人もマレーシア人です。

日本人が経営、または腕を振るう、生粋の寿司レストランであれば、もちろんおいしくて当たり前なのですが、ローカルがここまでできる時代なのか!(しかもクアラルンプールではなくジョホールバルで!)と驚きました。

今や、皇太子さまや皇后さま、王室ファミリーが何度も訪れ、王様宅にもケータリングに呼ばれているお店です。

私がプレオープンの試食会に招待いただき、フェイスブックにその記事と写真を載せた後、1か月間は、「寿司心はどう?」という言葉が「元気だった?」という挨拶にとって代わられたと思うほどの大反響でした。

ずっと昔に1度会っただけの知り合いからメッセージがきて、この店のことを聞かれた数は2回や3回ではありません。遠方に住む友達の、その友達から尋ねられたこともありました。

オープンから1か月後には、明らかに寿司心のメニューを真似た(研究した?)と思われる日本食レストランも出てきました。

ジョホールバルの高級店のコース料理の単価を、この店が押し上げたといっても過言ではないと思います。

 

店内の様子やおすすめのコースは?

店内に一歩入ると、凛とした空気と、一枚板のカウンター。カウンター上には、ネタが入る木箱に、新鮮な食材。包丁や菜箸やわさびのおろし板(サメ皮!)などの調理器具も美しいものばかり。

否応なくおいしいものを出してくださるのではないか、という期待が高まります。

料理は、おまかせコースがRM228(約5700円、テーブル席のみ)、RM388(約9700円)、RM488(約12200円)、RM888(約22200円)。

はじめてここに来るのなら、RM488のコースが一押し。税込みで15000円超えになります。

これまでジョホールバルでこの高価格帯で勝負してきたお店はほぼありません。

このコースには、前菜、冷たい料理、寿司7貫、温かい料理、デザートが含まれます。

次のページとにかく極上の体験を追及したい、最上級の食材を使った料理の品々

(次ページへつづく)

1 2

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ