MENU

11~3月がベストシーズン!ベトナム最後の楽園・フーコック島へ夫婦旅

2019年12月18日
周さと子

人口密度世界一の狭い街を飛び出し、自然や異文化に触れて心も体もリフレッシュ

マカオ人の最大の娯楽といったら、、、それは旅行です!

LCC(格安航空会社)のおかげで、マカオからアジア各国へは数千円~2,3万円程、時間にして3~4時間で気軽に海外に行けます。

「人口密度世界一の狭い街を飛び出し、自然や異文化に触れて心も体もリフレッシュ。」

それがマカオ人の正しい休日の過ごし方でしょう。

今回、夫の5連休を利用して我々夫婦も旅行することに。(子供達を連れて行かない夫婦旅に、後ろめたさを感じなくて良いのもマカオ文化の良いところ!いつも快く送り出してくれてありがとう、義父母!)

行き先は、ベトナム・フーコック島!

私は全然知らなかったのですが、ネット検索すると「ベトナム最後の楽園」「隠れたビーチリゾート」なんて出てきます。11~3月は乾季でいい季節らしい。いいじゃない!

フーコック島は、カンボジアの下に位置するタイランド湾に浮かぶベトナム最大の島。

10都市から直行便がでていますが、その半分はベトナム国内都市から。

残り半分は、香港、バンコク、クアラルンプール、広州、ソウルのアジア圏内の5都市のみです。どうりでマカオの友人達にも日本人にもそれほど知られていないわけだ。

香港からは、ベトジェットエアーで2時間45分のフライト。航空券は1人往復18,000円でした。

期待を胸に降り立ったフーコック島での5日間はどうだったかというと、、、これが非常に良かった!というか最高だった!

 

フーコック島が最高な5つの理由

なにが最高だったのかって?

①それはなんていっても、海の美しさ!

見てください、この白浜と透明度!美しいでしょう。

これね、宿泊ホテルのすぐ下にあるビーチです。

島の西側のロングビーチなんですが、遠浅できれいな海!肌なじみが良い白砂!が20kmも続きます。

ひたすらぷかぷか浮かんだり、波打ち際に立ちすくんで水と砂の動きを足に感じるだけでも「最高!」ってなります。

ロングビーチには、各所にバーやレストラン、マッサージがあります。さらには焼きトウモロコシ(これが美味い)やフルーツの売り子さんも来ます。

かといって騒がしいわけでもなく、静かでのんびりとした雰囲気でかなり充実したビーチでの時間を過ごせます。

12月初旬のこの季節は、西側のビーチは1日中穏やかでした。

一番美しいとされる東側のビーチサオビーチ(Bai Sao Beach)にも車を走らせましたが、波が荒々しく、海の色も透明度は少なかったです。雲り空で肌寒い。「思ってたのと違うね。」と写真を数枚撮って、また西側ビーチに戻りました。笑。

同じ時間なのに海の表情が全く違うので面白いです。

また別の日にアイランドホッピングに参加したのですが、海の透明度という意味では船に乗って訪れた島の海もホテルのすぐ下の海もそれほど変わりない印象を受けました。

そのほか海のアクティビティでは、シュノーケリングやダイビングを楽しむことが出来ます。

 

②ここはハワイ!?なサンセット

ハワイもサンセットが有名ですよね。フーコック島も負けてはいません。

海、空、太陽が織りなす、自然のアートには目も心も奪われます。

海に接着した太陽はその赤さを一層増し、まるで、たっぷり膨らんだ線香花火の玉のよう。

マジックアワーの空の色の変化といったら、ため息ものです。

(次ページへ続く)

1 2

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ