MENU

世界中の福岡県人が大集結!第10回海外福岡県人会世界大会参加レポート

2019年11月22日
藤村ローズ

2019年11月6日から9日にかけて、福岡県にて第10回海外福岡県人会世界大会が開催されました。

福岡県出身でオランダ福岡県人会に所属している私は、今回会長の代理として出席する任務を預かり参加してきました。

 

海外福岡県人会世界大会とは

海外福岡県人会世界大会とは、福岡県国際交流センターが開催する世界各地から海外福岡県人会が一堂に集まる会。県人会活動の情報共有や母県福岡との関係強化を目的として、平成4年から3年おきに開催されています。

第10回目となる今回の世界大会は、6年ぶりの福岡県での開催。世界24カ国地域・39の県人会が母県福岡に集結し、大盛況のうちに閉幕しました。

まず、なによりの感想は、世界大会は非常に素晴らしい会だったということです。とにかく参加できてよかったと感謝の気持ちでいっぱいです。

4日間ほぼいっぱいの日程で開催されていたので、全てを細かくご紹介しきれないのですが、ダイジェストでご紹介させていただきたいと思います。

まず、大会の日程は以下の通り。

6日 午後 昼食会・知事表敬・議長表敬・記念式典・歓迎レセプション
7日 午前 慰霊祭・県内視察(宗像市等)・各代表者会議
午後 合同会議・福岡県移住者子弟留学生制度50周年記念イベント・ビジネス交流会
8日 午前 ふるさと巡り(福岡、北九州、筑豊、筑後)
午後
9日 午前 海外福岡県人会フェア(ふくおか町村フェアと同時開催)・着物体験・カラオケ大会・生活改善セミナー
午後 さよならパーティー
開催前後 海外移住パネル展(※)・学校訪問

 

初日、表敬訪問、記念式典、歓迎レセプション

初日は代表者の昼食会からはじまり、その後千代県庁口にある福岡県庁に移動して、知事と議長への表敬訪問です。

各県人会からご当地ギフトを持参し、贈呈しました。オランダからは木靴にオランダスイーツを詰めて。おなじみストロープワッフェルは木靴に入らなくて、袋に入っています。(上の写真)

それから場所をホテルニューオータニに移して、記念式典と歓迎レセプション。

歓迎レセプションでは、伝統芸能の演目もありました。

高校生によるコーラスでは手作りの演出に心温まる思いでした。全員による「ふるさと」の合唱の際には、涙する県人の姿も。

こちらは鏡開きの際に、舞台から撮影した写真。

大盛況ぶりが伝わるでしょうか。

こちらの歓迎式典には、小川福岡県知事をはじめ、各市町長たちも参加されており、開催場所のホテルニューオータニのバンケットルームは熱気に包まれていました。

福岡名物の料理なども供され、舌鼓を打ちました。

少しずつ参加者同士も打ち解けはじめ、翌日からの行事に期待が膨らみます。

(次ページへ続く)

1 2

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ