MENU

「ハードロックホテル デサルコースト」グランドオープニングデーレポート!

2019年10月4日
土屋芳子

ハードロックホテル・デサルコーストがついにグランドオープン!

マレーシアのジョホールで開発中の海沿いエリア「デサルコースト」は、シンガポールから100分、ジョホールバル市内やジョホールバルセナイ空港から70分。

波打ち際を楽しめる海と、美しいゴルフ場、そしてハードロックホテルやウェスティンホテルなどのいくつかのホテル、フルーツファームやワニ園も近くにあり、1泊2日で楽しめるプチリゾートです。

今回ジョホールと日本のメディアの一員として、ハードロックホテルのグランドオープニングパーティーに招待いただき、宿泊してきましたのでレポートします!

 

異国のリゾート地に来ているような感覚

世界中にあるハードロックホテルには、熱狂的なファンもいることでしょう。

このデサルコーストのハードロックホテルは、カジュアルなリゾートスタイルの建物で、「デサルコースト アドベンチャーウォーターパーク」に隣接しています。

ホテル客用の専用入口があり、徒歩1分で到着できるんですよ。

さて、当日は、マレーシア全土とシンガポール、インドネシアから180以上のメディアが招待され、その中から70社ほどが、飛行機やバス、自家用車を使って集まりました。

私が所属しているメディア組織のJOCOM(ジョホールバルコレクティブメディア)が公式メディアパートナーとして、招待客のアテンドやチェックイン等の手続き、メディアへのガイダンス説明やケアなどを、ホテルスタッフと共になってサポートしていました。(仲間たちの献身的な働きぶりには感動しました!そんな中、私はゲストとして満喫させていただきました。)

そして、オープニングデーを楽しみにしているお客様の予約で満室。

大勢の人が思い思いにリラックスしたり、レストランで随時演奏されている生ライブを楽しみます。

すべてのレストランで、作り立てのフォアグラカナッペやツナのグリル、プチフールやケーキ類がふるまわれ、ビールやワインやカクテルなどのお酒もオーダーし放題という夢のような一日。

昼間から生演奏を聴きながらお酒をいただく、ということが、マレーシアの街中ではまずありません。(イスラム教の方でお酒をいただかない方が大半のため。)

なので、なんだか本当に異国のリゾート地に来ているような感覚になりました。

偶然にも、クアラルンプールを拠点に活動しているミュージシャンの知人が、ハードロックで演奏するために滞在していたり、ジョホールの友人の何人かも来ていたりして、思いがけない再会に喜びました。

(次ページへつづく)

1 2

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ