↑祝!2020年セール開催中。今なら1月1日~3月31日の滞在が20%OFF!
MENU

【カナダ・バンクーバーのローカルが通うカフェ】Vol.4 “Sweet Revenge”

2019年5月10日

皆さんこんにちは、Living Like a LocalのAiです。

カナダ人はカフェが大好き。バンクーバーにはお洒落なカフェが軒並みに続いているのですが、閉店時間がとても早いんです。5時や6時ごろに閉店するカフェも少なくありません。

「夏は夜の10時近くまで明るいのに…」というのは、カナダに移住して特に驚いた事の一つです。スタッフもそれぞれお家に帰ってのんびりするのがカナダの文化でしょうか。

しかし!!そんなカナダの文化に逆らって、夜の7時から深夜12時にかけてオープンするカフェがあるのです。

音楽、アート、ファッション、グルメが集まる北米でもお洒落なストリートとして有名な南北に伸びるメイン・ストリート。そのストリートにひっそりと佇むカフェ、それが”Sweet Revenge”です。

 

夜7時からオープン。中世ヨーロッパへタイムスリップ

薄暗い店内に一歩足を踏み入れると、そこは中世ヨーロッパ風のレトロな世界へタイムスリップ。テーブルにはキャンドルとともにお洒落なティーカップがお出迎えしてくれます。

メニューには、アルコールのリキュールが入ったスペシャルコーヒーもあり、さすが、夜からオープンしているカフェということで納得。ビールやカクテル、サングリアも揃っているので、スイーツが苦手な男性にもバーとして活用できるお店なのは嬉しい。

甘酸っぱい自家製ラズベリーソースがたっぷりかかった濃厚なチョコレートケーキSmooth Opera(スムースオペラ)はマスカルポーネチーズとホイップクリームが間に挟んであり、贅沢にもホワイトチョコレートがトッピングされている、こちらのお店で大人気のケーキ。見た目はとてもゴージャスですが、甘さは控えめです。

口の中でスッととろけるTiramisu(ティラミス)は、ほろ苦いエスプレッソがたっぷり染み込んだスポンジとマスカルポーネチーズのコクが、品のある甘さとマッチしていて、子供から大人まで楽しめます。

そして、私がカフェで必ず注文する大好きな飲み物といえば、カナダ バンクーバー発祥と言われている飲み物「London Fog」(ロンドン・フォグ)。バンクーバーのカフェのメニューにはこちらの名前で記載されているカフェ定番メニュー。

アールグレイのティーラテにバニラシロップが入っています。お店で出されるのは甘いことが多いので、甘さを控えめにとお願いするとよいでしょう。

“Sweet Revenge”ではティーポットで提供してくれるので、ラージサイズを注文してお友達とシェアするのがオススメです!

是非、バンクーバーへお越しの際は、夜7時からオープンするレトロなカフェに足を運んでみてはいかがでしょうか。

Sweet Revenge Patisserie
ダウンタウンから約20分
カナダライン King Edward駅下車
25バス EastBound E King Edward Ave@Main St 徒歩1分

(604) 879-7933
Monday – Sunday: 7pm – 12 am
Closed: Stat Holidays
4160 Main Street, Vancouver, British Columbia V5V 2G9, Canada
https://sweet-revenge.ca/

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ