↑祝!2020年セール開催中。今なら1月1日~3月31日の滞在が20%OFF!
MENU

海外で豚しゃぶ!薄切り肉も売っているオランダ・アムステルフェーンの金曜マーケット

2019年4月19日

アムステルダムのすぐ南に位置するアムステルフェーン市(Amstelveen)は人口約10万人の都市です。アムステルダム中心部やスキポール空港へのアクセスも良いことから日系企業も含む多くの企業がオフィスを構えています。

日本人幼稚園やインターナショナルスクールもあり、日本語対応してくれる病院もあることから、多くの日本人が住んでいるエリアです。

そんなアムステルフェーンでは、週に1度大きなマーケットが開催されています!場所はスタッズハルト(Stadshart)という、アムステルフェーンの中心に位置する大きなショッピングモールの広場です。

新鮮なお肉やお魚、野菜はもちろんのこと、オランダの有名なチーズやお菓子、生活用品などが買えるお店がたくさん出店しています。日本人が多いエリアなので、日本人がほしい食材の品揃えが良いのもこのマーケットの特徴。薄切り肉、白菜、ねぎ、大根、きのこなどの野菜も手に入るので、上の写真のような豚しゃぶを自宅で気軽に作れるます。

もちろんオランダならではの品揃えもしっかりあり、この時期は特に、オランダ名物・白アスパラが解禁されたこととイチゴが旬の季節を迎えるということで、多くのお店が軒を連ねてスペース一杯に商品を並べている様子なども見ることができます。

今回は、そんな素敵なアムステルフェーンのマーケットをご紹介したいと思います。

 

日本人御用達マーケット。その秘密は?

オランダには各地で色んな種類のマーケットが開催されていますが、このマーケットは特に地元の方だけでなくアムステルフェーン在住以外の日本人の方からも多く利用されているんです。その秘密はと言うと‥?

海外ではよく「薄切り肉が買えない…」という声を聞きます。オランダでも、スーパーではもちろん買えません。お肉屋さんでスライスしてくれるところもありますが、予約が必要だったり面倒くさそうな顔をされたり、お店によって対応はマチマチです。

けれど、このマーケットのお肉屋さんは違います!既に1kgパックになった薄切り肉が販売されているのです。豚肉と牛肉はもちろん、臭みの少ないラムや日本の焼肉では定番の牛タンまで!

わたしはいつも1kgパックを買って、家に帰ってから少量に分けて冷凍保存しています。もちろん、500gや300gなどの少量でも販売してくれますのでお店の方に頼んでみてくださいね。

また、鶏肉は別のお店になります。唐揚げを作る時には「鶏の皮付きモモ肉」を使うのが一般的だと思いますが、海外で手に入れるのはなかなか難しくありませんか?

「モモ肉」を英語や現地語でなんと言うの?とあたふたしてしまったり、欧米人は脂っこい肉をあまり好まないので、皮はすでに除かれた状態で売られていることがとても多いのです。もしくは、皮は付いているけど、骨も付いたままとか。ここから肉を切り分けるのはなかなか大変な作業です。

でも、アムステルフェーンのマーケットには、「モモ肉」「皮付き」「皮なし」と日本語で通じてしまう鶏肉屋さんがあるんです。しかも「皮付き」は「皮なし」よりちょっとだけ安いのです。おいしい上にお得!

こんなに身近で薄切り肉や鶏もも肉が手に入ることはとても幸せなことだと思います..!これからもお世話になります!

 

ではお魚は?

もちろんお魚も新鮮なものがマーケットで手に入ります!種類もたくさんあって、日本のお魚屋さんのような活気を感じるほどです!

しかしいざ注文しようと思っても、海外だと魚の名前をどう言えばいいか分からなくてアタフタしてしまった経験はありませんか?

わたしも最初はオランダ語の表記を日本語にグーグル翻訳して、それから英語にグーグル翻訳して、、とかなり苦労していました。

けどこちらのお店は心配無用。なんと日本語で対応してくれる方がいらっしゃいます!それがこちらのおじさま、上の写真のリチャードさん。

日本人の間ではとても有名な方で、お店に向かうと必ずと言っていいほど日本語で会話しているのが聞こえます。カタコトではありますが、魚の名前はもちろん、「三枚おろし」などの言葉もご存じなので魚の処理についても日本語でお願いできますよ!

おススメもちゃんと教えてくれます。

「マグロ、サシミ、キョウノオススメ!」こんな感じで!笑

他のマーケットにも出店しているようなので、アムステルフェーン以外にお住まいの方はHPで日程など確認してみてくださいね。

他に日本人が重宝していると聞くのは、しめじやエノキなどのキノコが買えること!(普通のスーパーにはマッシュルームや日本ではあまり見かけない種類のキノコしか置いていません。)

こちらも主婦の皆さんがお友達とまとめ買いするなどして利用されています!

こんな風にマーケットで日本人に馴染み深いものが買えることが、アムステルフェーンが日本人に好まれている要因の1つなんだと感じます。最初は海外での買い物に不安がありましたが、このマーケットのお陰でストレスのない買い物が出来ています!

またオランダには他にもたくさんマーケットが開催されているので、また別の機会にお伝えしたいと思います!

最近のスーパーはセルフレジが増えているので会話をせずに買い物をすることが出来てしまいます。一方マーケットでは会話をしながら買い物をします。英語で話さなくてはいけないので少々大変ではありますが、お店の人とちょっとした世間話などが出来た日はなんだか気分良く過ごせる気がします。笑

現地の方との会話は、マーケットの醍醐味かも知れません。お近くにお越しの際は是非遊びに行ってみてくださいね。

Written by Yuki.T

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ