↑祝!2020年セール開催中。今なら1月1日~3月31日の滞在が20%OFF!
MENU

まだ間に合う!カナダ・バンクーバー「春休み親子留学」と「中高生対象春休み短期留学」

2019年2月25日

皆さんこんにちは、Living Like a Local のAiです。

教育における多様な価値観から、近年、低年齢での留学が選択肢の一つとして選ばれるようなったことで、小さなお子様の時期からの留学が増加しています。

私自身も三人の子供を育てながら、それぞれの子供の良いところを伸ばすために、長男は日本での教育を、次男と長女は、子供の将来なりたい自分を探しながら視野を広げていけるようにと海外での教育を選択しました。

日本で教育されている親御様から、英語教育についての質問を受ける機会が頻繁に増えており、早期から準備を開始するご家族が年々増加しているのを感じます。

そんなご要望にお応えすべく、Living Like a Localでは、小さなお子様と親御様で留学できる「親子留学」、中高生対象の「春休み短期留学」をご紹介しています。

 

この春こそ、『英語の成功体験』をお子様に!

進級、進学準備の中で新たな気持ちを胸に、春からは何をスタートさせよう、子供のお稽古は何にしよう、そんなワクワクした気持ちでいらっしゃる親御様、また中学受験がひと段落し、進学前の春休みは、本格的に始まる英語科目に向けて準備をしなくてはとリサーチしてらっしゃる親御様も多いと思います。

私自身も、長男が中学受験を終えホッとしたのも束の間、英語という教科に不安を感じ、周りに遅れたら命取りだ!と感じ、春休み中に必死に先取り勉強をさせました。

しかし、詰め込みの教育には果たしてどれほどの意味があるのでしょうか?海外の生活の中で、次男と長女が英語を使って学んだり遊んだりしているのを間近に見るようになって、疑問符が付くようになってきたのです。

必要なのは、机の上での詰め込み学習ではなく、生きた英語の環境の中で楽しみながらさまざまな経験をすることではないかと。

英語を使って「あれができた」「これができた」という『英語の成功体験』の数でお子様の英語に対する意識は大きく変わります。多感なお子様の時期だからこそ、『英語の成功体験』は、帰国後の英語への勉強の取り組みに大きな変化をもたらすのではないでしょうか?

 

留学生リピーター続出!!毎年訪れたくなるカナダ・バンクーバー

親子留学、お子様の留学で人気が高いのは、私が住んでいるカナダのバンクーバーと言われています。治安、気候、教育、また都会と自然が近い環境はお子様にとって、理想的な都市といえるでしょう。

東京―バンクーバー間は直行便が出ているので、まだ移動に慣れていらっしゃらないお子様やご家族様にも安心です。

「来年も行きます!!」と毎年リピーターで訪れていらっしゃる方もいらっしゃり、早くもお申し込みいただいております。

毎年訪れたくなる、そんな魅力的なバンクーバーで、春休み短期留学を是非体験されてみませんか?

5歳から対象の春の親子留学・中高生留学はこちらから
http://lllcanada.com/spring/

Written by 矢寺愛

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ