↑祝!2020年セール開催中。今なら1月1日~3月31日の滞在が20%OFF!
MENU

男の子2人を持つオランダ人ワーキングママに働き方・子育て・人生など聞いてみた(中編)

2019年2月14日

9歳と7歳の男の子のママであり、法人営業マネージャーとしてドイツ系製薬会社で働くオランダ人のローラに働き方や子育て、人生について聞いてみました。前編はこちらから。

ローラ・ファンルーラー:ドイツ系製薬会社法人営業マネージャー
家族構成:夫、長男9歳、次男7歳

 

柔軟性のない働きは子育てを難しくする

私:オランダでおじいちゃんおばあちゃんが孫の世話をしている姿は街でもよく見かけるよね。

ローラ:そうね。

私:乳母車に乗った小さな赤ちゃんから2歳くらいまでの未就学児が多いかな。ピューターに通う前?ここで、オランダの教育制度について、簡単に説明してもらってもいいかな?

ローラ:OK。オランダでは、2歳半くらいになるとpeuterspeelzaalピューター・スペール・ザールという幼稚園のようなもの通えるの。幼稚園というより、その名の通り、小さい子の遊び場のようなものかな。(peuter:幼児、speel:遊ぶ zaal:ホール)毎日ではなく、週に2回2、3時間だけ。少しずつ親と離れる準備期間のようなものね。ピューターは2歳半から4歳になるまで無料で通えて、これは義務教育ではないから行かない子もいる。義務教育の小学校は4歳から12歳まで。中学校以降は3つのコースがあって、大学進学コースと職業訓練コースとその間のような学校に分かれるの。

私:今回は子育てとキャリアの話だから、親の送迎が必要な小学校までにフォーカスしていきたいんだけど、いいかな?

ローラ:もちろん。

私:それでは、子どもが赤ちゃんの時から教えてね。1人目のティモが赤ちゃんの頃、ローラは何をしていた?

ローラ:その時私は学生だったの。

私:え!そうだったの?!

ローラ:そう。だから実は子どもがいない状態で働いたことがないのよね。それから2年後にイェッセが生まれて…。

私:学生をしている間に1人目が生まれて、卒業して就職。2人目誕生後も仕事を続けていたけど、転職をしたのね?

ローラ:そう、以前はオフィスワークの他の仕事をしていたんだけど、あまり柔軟性がなくて大変だったんだよね。そのことが今の仕事に転職するきっかけにもなったの。あと、うちは夫が自営業だから柔軟に対応しやすいの。そうでないと難しいと思う。

私:「柔軟性」というのは、ワーキングマザーにとってキーワードになりそうね。

ローラ:まさにそう思う。夫婦のどちらかでいいから、柔軟性のある働き方ができないと、子育てはすごく大変なものになってしまうと思う。

 

母と義理の母は強力なサポーター

ローラ:「柔軟性」に加えて、私の場合は「サポート」が不可欠。基本的には、夫と協力して、子育てや家事を分担してる。でも、二人共都合がつかない時がどうしてもあって、そういう時は母や義理の母に助けてもらっているの。

私:具体的にどんなことを、どのくらいの頻度で助けてもらってる?

ローラ:学校のお迎えをしてもらって(※オランダでは基本的に小学校まで送迎が必要。高学年になると許可をとって自己責任の下に子どもだけでの通学が許可されることもある。)、夕食まで食べさせてもらうことが多いかな。週に1回ずつくらい。仕事が終わったらそのまま迎えに行って、あとは息子の宿題を見てあげて寝かせるだけでいいようにしてくれるからとても助かる。

私:確かに。仕事が終わっても、そこから食事の準備をして食べさせるとなると遅くなってしまうものね。オランダでは、家族そろって18時に夕食を食べるのが普通だと聞いてるけど、本当?

ローラ:そうね。月曜と火曜はサッカーのトレーニングが18時過ぎまであるから、もう少し遅くなってしまうけれど。でも、子ども達が寝るのは20時ね。そこは守るようにしてる。金曜日だけはお楽しみで21時。子どもの健康の為にも、それはとても大切だと思ってる。

私:うちの子は21時に就寝。本当はもう少し早く寝た方がいいと思うんだけど、眠れないらしくてそこが妥協点かな。

ローラ:オランダの小学生としては少し遅めだけど、まあ許容範囲だと思う。

私:そして、子どもが寝たら「フリータイム」ね。タイムスケジュールによると、ローラは1時間くらい仕事をしているのね?

ローラ:そう、書類を準備したり、家でできる仕事もあるから。そうやっていかないと回っていかない部分もある。

私:家で働く時間も、会社は就労時間として認めてくれるの?

ローラ:オランダは時間よりは、成果を評価するようになってるの。だからフルタイムだと週に40時間労働という基準があるけど、仕事が終わらない場合は少し長く働くことも当然ある。

私:スケジュール表で数えてみたんだけど、この週は47.5時間働いてるね。

ローラ:そうね。そんな時もあるかな。結構週によっても違うけどね。

私:ローラは出張もあるよね?

ローラ:月に1回程度かな。本社がドイツにあるから、たまに行かなくちゃいけないのと、顧客の関係でイギリスなんかにも行くことがある。

私:出張中、子ども達はどうしてるの?

ローラ:夫も忙しい場合は、義理の母に頼むことが多いかな。彼は一人っ子で、義理の母には他の孫がいないから快く引き受けてくれるの。私には兄と妹がいて、それぞれ子どももいるから、みんなが世話を頼んだら母は大変でしょう?

私:その辺は考えてお願いしてるのね。ところで、義理の母との関係って、色んな国のママ友から「微妙」って聞くことも多いんだけど、ローラのところはどう?

ローラ:うちはすごくいい関係だと思う。いつもすごく感謝してる。あとサポートといえば、週1回クリーナーさんに来てもらってる。毎週金曜日なんだけど、金曜日がすごく待ち遠しい!彼女が来てくれた後は、部屋がピカピカになって、リラックスした気持ちで週末を過ごせるの。

私:それは大切なことかも。スケジュール表によると、ローラは週末には全く仕事をしてないのね。

ローラ:週末はできる限り仕事をしないようにしてる。家族との大切な時間よ。

”後編”はこちらから

Written by 藤村ローズ

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ