MENU

チューリップシーズン開始。アムステルダム・ダム広場「チューリップの日」に行ってきました!

2019年1月25日

2019年1月19日土曜日にアムステルダムのダム広場で、「チューリップの日」が開催されました。

オランダ語では”Tulpendag”、英語では”National Tulip Day”と呼ばれているこのイベントは、毎年1月の第3土曜日に開催されています。

オランダでは、この日から正式にチューリップシーズンが始まるとされています。

このイベントはオランダのチューリップ栽培農家たちが主催しています。

当日はダム広場に特設のチューリップ畑が設営され、そこから自由に摘み取って持ち帰ることができるのです!

 

この日はとても寒かったのですが天気がとても良く、かわいいチューリップ畑と歴史のある周りの建物、そして冬の青空が見事なコントラストを見せてくれました。

ただし、とにかく人・人・人!

人が多すぎて、周辺はカオス状態。

行列が数カ所にできており、最後尾のプレートを持った人もいないので、まずどこに並んでいいのか分からない。

最後尾と思われる場所に並ぶまでにあちこちウロウロして10分ほどかかってしまいました。

そして、やっと並んだと思っても、横から入ってくる人も結構いてかなりごちゃごちゃです。

行列はとにかく気長に待つしかないですね。

 

イベントは午後1時から4時までの開催。

その日は息子のサッカートレーニングがあったので、私達がダム広場に到着したのが午後2時頃。

中に入れたのが3時過ぎだったと思います。

並ぶこと約1時間でした。

午後1時に到着した知人が2時頃に入場できていたので、どのタイミングでも1時間位並ぶようです。

ちなみに、私達が出た頃に到着した人達は「また来年」と言われていたので、午後3時くらいが並び始めのタイムリミットなのかもしれません。

 

入口でチューリップを入れるための袋が手渡され、チューリップ畑へ進みます。

その時すでにチューリップは残り少なくなってきていました。

でも、まだ数種類のチューリップはありました。

チューリップは水耕栽培になっていて、なんと球根付き。

簡単に手で引っ張って摘むことができて、それも楽しかったです。

とにかく人が多いので、息子とはぐれないように気を付けながら、できるだけ色んな色のチューリップを取りに園内を回りました。

一人20本までという制限はありますが、それだけいただけたら十分!

二人合わせて40本程、両手にいっぱいのチューリップの花束になりました。

カラフルなチューリップを両手に抱え、とても華やかで幸せな気持ちに…。

 

帰宅してから花瓶に活けてみると、さらにかわいくなりました。

こんな時に生花ができたらと思うのですが、我流でパッと活けただけでも家が明るくなります。

ご近所さんにも少しおすそ分けしたら、「Mooi!素敵ね」と、とても喜んでもらえました。

オランダのチューリップ栽培農家さん達の地道な活動が、地元の人や外国人にも広がっています。

そういえば、行列に並んでいる間もいろんな言葉を耳にしました。

もしかしたら半分くらいが外国人だったかもしれません。

世界中の皆さんにとっていい思い出になったことだと思います。

元々チューリップは好きですが、よりチューリップが好きになれたイベントでした。

Written by 藤村ローズ

 

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ