MENU

オランダで新年の北海に飛び込む!スケフェニンゲンでニューイヤーダイブ

2019年1月17日

www.unox.nl

極寒の北海へ飛び込む!

オランダで毎年1月1日に開催される、すごいイベントをご存知ですか?

それは、”nieuwjaarsduik”。

英語にすると、”New Year Dive”、日本語だと「新年ダイブ」でしょうか。

そうです、冬真っ只中の元旦に海に飛び込むクレイジーとも言えるイベントがあるのです。

 

タイトルにもある「スケフェニンゲン」は、オランダの地名Scheveningen。

オランダで最も大きなビーチエリアで、北海に面しています。

大使館などが多くある、オランダ第3の都市Den Haagデン・ハーグにあります。

ニューイヤーダイブは、1960年1月1日にZandvoordザントフォールトでオランダで初めて開催されました。

ということは、今年でもう59年目!

スヘフェニンゲンでの開催は1965年が最初で、19年前からはUnoxがメインスポンサーとなり、オランダ全土でニューイヤーダイブを開催しています。

今では6万人以上の人々が参加する、オランダ新年の伝統的かつ最大のイベントに成長しました。

海のない内陸部では池や水路などを利用して行われており、まさにオランダ全土で行われている有名なイベントなのです。

 

スケフェニンゲンは最大の規模で、毎年1万人以上の人が参加します。

参加の方法はかんたん。

1月1日当日にその場へ行って3ユーロの参加費を支払えば、Unoxの帽子を含むお土産バッグがもらえるのでオレンジ色のUnox帽子をかぶって待機、あとは時間になったら一斉に海に向かって走って飛び込むだけ!

ダイブの後は、Unoxのerwtensoep(えんどう豆のスープ)まで支給され、身体を暖めることができるそうです。

というのは分かっているのですが、どう考えても寒いし、すごく混んでそうだし、子ども連れで行くのが億劫でまだ行ったことのない私。

夏はよくビーチへ行くのですが、夏でも黒くて冷たい北海。

冬の冷たさは想像がつきません。

でも、写真を見ていたら、参加者達の顔がとても生き生きとしていて楽しそうではないですか。

見事飛び込んだら、「ダイビングヒーロー」と呼ばれるとか呼ばれないとか。

女性だから「ダイビングクイーン」と呼ばれたいですね?!

ちなみに、参加費の3ユーロのうち1ユーロは慈善団体に寄付されるそうです。

楽しみながら、心身を鍛えられ、おまけに人に貢献できるとは、なんて素晴らしいイベントでしょう。

子どもも大きくなってきたことだし、「来年こそは!」とこの記事を書きながら強く思ったのでした。

www.unox.nl

参加方法などの詳しい情報はこちらのサイトからご覧いただけます。(オランダ語)
https://www.unox.nl/evenementen-detail/

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ