MENU

「パッションが大切」世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

2021年2月23日

お金持ちは非常に強いパッションを持っている

「投資」と言うと、「ギャンブルみたいで怖い」という印象を持っている人もいるかもしれない。

そういう人は、「投資はお金を預けて増やすこと」とシンプルに考えてみてもいいのではないだろうか。

お金を預けて増やすことは銀行でずっとやってきたと思うが、今の時代、銀行にお金を預けてもほとんど増えない。それどころか、物価の上昇に合わせて目減りしていくばかりである。

お金について勉強して、投資に関する知識を得て、上手に資産を増やしていきたいと思う人がいたら、まずこの本をおすすめしたい。

本書の著者は、日本とアメリカのハーフで日本国籍の投資家、高橋ダン氏。

19歳の時からウォール街で働いてきた高橋氏は、「日本人のマネーリテラシーを高めたい」と、日本人に向けて毎日たくさんの動画を公開しているユーチューバーである。

彼の動画では投資の初心者にも分かるように、投資に対するマインド、具体的な投資の手法、学習法などについて、分かりやすく説明されており、本書にはそのベーシックなエッセンスが詰まっている。

一つの小項目につき、見開き2ページとなっているので、「投資なんて全然分からない」「読書は苦手」という人でも少しずつ読み進めることができるし、例えばポートフォリオをどうすべきかと思った時に、見出しからその部分だけ確認することもできる。

世界約60カ国を回って、たくさんの人に出会ってきた高橋氏が気付いたのは、「お金持ちとそうでない人には大きな違いがある」ということ。

自分の力で資産を築いた「ニューマネー」の第一の特徴は、非常に強いパッションを持っているそうだ。

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツやアマゾンの創業者ジェフ・ベゾスなどもそうである。彼らは朝起きて夜寝るまで、ずっと自分の目標や夢について考えているという特徴があるそうだ。

でも彼らの目的は、お金を稼ぐことで贅沢をすることではない。もちろん社会的地位に相応しい物を身に付ける必要も出てくることもあるだろうが、それは決して彼らの目的ではない。

むしろ彼らのライフスタイルはとても地味で、所得に対して個人の支出が極端に低いという。

本書では、チャプター1のマインドにはじまり、投資の基本、ポートフォリオ、短期投資、コモディティ、不動産、経済、習慣と、高橋氏の経験から得た知識やノウハウが盛りだくさん。

初心者でも分かりやすいお金持ちになる方法を指南してくれているので、ぜひ読んでみてほしい。合わせて、高橋ダン氏の動画もかなりおすすめだ。

Written by 藤村ローズ(オランダ)

この投稿をシェアする

ヨーロッパ
北アメリカ
南アメリカ
アジア
アフリカ
オセアニア
イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ