MENU

男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ

2019年3月30日

突然ですが、目の前に右手を出してみてください。あなたは次のどちらですか?

A.薬指のほうが人差し指より長い。

B.人差し指のほうが薬指より長い。もしくはほぼ同じ。

いかがでしょうか?

 

この質問に答えることで、あなたが「男性脳」タイプなのか、「女性脳」タイプなのかが分かるそう。

なぜ指の長さによって男性脳タイプと女性脳タイプに分かれるかというと、それは胎児の時に浴びる男性ホルモン(テストステロン)によって指の長さが違ってくるからだという。

まず、男性と女性を知るうえで覚えておかなかなければならないのは、生物学的に両者には「脳」の違いがあるということだという。

皆さんもご存知のように、脳は直感や感性を司る「右脳」と言語や思考を司る「左脳」に分かれており、その間に橋渡しをする「脳梁」がある。女性の方が男性より右脳と左脳の連絡がスムーズで、両方の脳をバランス良く使えているのだそう。

この伝達能力の差が男女の発想や行動の違いとなって現れており、男女の”分かり合えない”を生み出しているという。

 

Daigo氏によると、男性脳・女性脳の大きな違いは、大きく分けて5つあるという。

1.「競争」と「共感」:いちばんになりたい男、みんなと同じがいい女

2.「モノタスク」と「マルチタスク」:ひとつに集中する男、同時進行ができる女

3.「論理型」と「感情型」:理屈で行動する男、感覚で行動する女

4.「最終思考」と「拡大思考」:結論を急ぐ男、プロセスが大切な女

5.「自己完結」と「自己関連」:あいつのせいだと考える男、自分のせいだと思う女

これを知って、すごく腑に落ちるものがあった。

性別と脳の性別(男性脳か女性脳か)は必ずしも当てはまるわけではないというが、少なくとも周りを見渡した限り、脳による性別分けはかなり当たっていると感じるのだ。

この5つのことだけでも理解していれば、コミュニケーションは円滑になるはずだ。

この本ではもちろんこれだけではなく、ビジネスや普段の生活の中で使える実際の使い方、知っているか知らないかで同じことをするにもより簡単にできる方法を教えてくれたりする。

男女脳の違いを理解していれば、パートナーのこともより理解しやすいと思うし、よりうまく関係構築していく方法が分かると思う。正直もう少し早く読んでいたかった本である。

ただ私の場合は指がかなり曲がっていることもあり、どちらのタイプか分かりにくかった。中にはそういう人もいるかもしれない。でもそういう人でも大丈夫。男性脳・女性脳を見破るポイントなども書いてあり、読み進めていくうちに自分がよりどちらに当てはまるのかが分かってくると思う。

ちょっとでも気になることがあった方は、まずはKindleの無料サンプルをダウンロードしてみてほしい。

序章とメニューのみを読むことができるが、それだけでも目からウロコの内容。気になるメンタリズムのテクニックはもちろん購入した人だけのお楽しみだ。

Written by 藤村ローズ(オランダ)

この投稿をシェアする

イベント・セミナー一覧へ
コラム一覧へ
インタビュー一覧へ
ブックレビュー一覧へ
セカウマTV一覧へ
無料登録へ